ptsdなどの精神疾患を治療|心の傷を回復して新生活開始

ptsdによる症状の特徴

2人の女性

ptsdは精神的ストレスによって発症してしまうと言われており、主に生死に関わる体験を経験することによって発症することが多いです。
地震や火事などの自然災害や事故、また大きな事件などの被害に遭うと、強い精神的ストレスを受けることになります。こうした強い精神的ストレスを受けると、夜なかなか眠れなくなり、頭痛やめまいなどを起こすなどのさまざまな症状を誘発するようになります。しかし一般的にはこうした症状は短期間で収まることが多く、時間と共に少しずつ改善されていくようになっています。しかしptsdを発症すると、こうした症状が何ヶ月もの間続くようになり、日常生活やビジネスに悪影響を及ぼすことになります。人によっては体験をした数年後にptsdを発症する方もいるので、過去に辛い体験をした方はこうしたptsdの症状を発症していないかを確認するようにしましょう。ptsdの症状は脳の活動に悪影響を与えるので、うつ病なども発症する場合もあるので注意が必要です。またptsdによる効果は脳内の活動バランスも乱してしまうので、学力低下の原因にもなると言われています。現在学生として学業に専念している人は、ptsdによって成績が下がってしまうことが無いように気をつけて生活するようにしましょう。それぞれの症状を確認するには、治療を行う施設で診察を受け、それぞれが抱えている症状を確認しておきましょう。

ptsdの発症が起こると、強い精神的ストレスによって昔経験した体験を思い出すようになります。
このように過去の体験を思い出したりする症状は再体験症状と言われており、強い精神的ストレスを受ける原因となった体験をもう一度体験したように感じてしまいます。そのため感情や精神が不安定になってしまったり、パニック状態になってしまうことがあります。またptsdを発症すると、過去に経験したトラウマを思い出さないようにするため、体験の原因となった物や場所を避けるようになります。例えば火事などの被害に遭った人は火を避けるようになり、水難事故などに遭った人は海や川などの水を避けるようになります。人によっては記憶喪失を起こす事もあり、それぞれの症状に合わせた対処を行ない、過去の体験を思い出さないようにします。他にもptsdには過覚醒と呼ばれる症状があり、さまざまな出来事に対して異常に警戒するようになります。そのため常に気を張り詰めた状態が続くことでストレスを抱えてしまい、他の精神疾患を発症することもあるので注意が必要です。ptsdにかかると、こうしたさまざまな症状が起きるため、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかるようになります。ptsdの症状かもしれないと感じた際は、病院で一度診察を受けるようにし、早い時期から治療を行うことでptsdによる負担を軽減していけるようにしましょう。